大阪学芸 空手道応援ブログ

krtd.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大阪学芸高校空手道部の案内リーフレット

大阪学芸高校 空手道応援ブログ

こんにちは!『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』です。
『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』は、地元高校・大阪学芸高校を応援しながら更新していきますので宜しくお願いします。

このたび大阪学芸高校空手道部の活動内容などを案内した、リーフレットを見つけましたので、それについて紹介していきたいと思います。

e0238098_11593972.jpg


◆大阪学芸高校空手道部の紹介◆

 創部42年を誇る全国でも有数の伝統ある空手道部です。古くは男子校として主に組手競技で活躍してきました。平成9年から13年までの間には、全国選抜大会の組手競技で団体個人ともに第5位に入賞。近畿大会でも同じくは団体個人ともに優勝するなどの成績を修めました。その後は特に形競技で全国的に高い評価を受けるようになり、男子団体形では平成11年から16年にかけて近畿大会6連覇を成し遂げ、女子では平成15年に全国選抜大会優勝、個人形でも国体で 優勝し、長年の夢だった全国制覇を一気に2度も果たしました。近年はそれらにもまして女子組手で台頭を始めており、平成22年には大阪府新人大会で悲願の団体組手初優勝を成し遂げ、全国選抜大会にも連続出場するなど好成績を上げており今後の飛躍が多いに期待されています
 本校では平成22年度より特技コースが創設され、空手道部は強化重点クラブに指定されているため現在45名の部員のうち24名が特技コースに在籍しています。ですからその他の21名の生徒は選抜特進、特進理数、特進、進学など様々なコースに属しています。コースにより終業時間も違うため全員が練習に揃うのは6時過ぎということもありますが、そんな条件の中でも、工夫しながら効率のよい稽古を心がけています。
 あたりまえのことですが、本校の空手道部はあくまでクラブ活動であり、教育活動の一部です。皆が学業はもちろん生活面も大切にし、着実に成長していってほしいと考え、日々指導させていただいております。
 このリーフレットを読んでいただいている皆さんには、この機会に大阪学芸高等学校空手道部に興味を持っていただき、ぜひ一度見学や体験に来てほしいと思っています。
 私たちはいつでも待っています。

                      大阪学芸高等学校空手道部監督  近藤 永


◆部員の声◆

久保 弘樹(特技2年) 松原市立第六中学校出身
 ○H23年度インターハイ男子個人形 第3位
 ○第30・31回近畿高校大会 男子個人形 優勝など
どの大会でも「勝つこと」を目指し、「全国制覇」を目標に練習に励んでいます。練習は厳しく甘いクラブではないですが、毎日が充実し全国を目指すことのできる環境が整っています。大阪学芸高校空手道部に入って、「全国制覇」をともに勝ち取りましょう。

山下 紗葵(特技2年) 高槻市立第一中学校出身
 ○H23年度インターハイ 女子個人形 第5位
 ○第30・31回 近畿高校大会 女子団体形 優勝など
部員一同それぞれの目標を設定し、それを達成するための厳しい練習を重ねています。時にはしんどいこともありますが、みんなの仲がよく、楽しいクラブです。

e0238098_1224619.jpg


小泉 咲蘭(選抜特進2年) 吹田市立山田東中学校出身
 ○第30・31回近畿高校大会 女子個人組手 第3位
 ○H23年度大阪府高校新人大会 女子個人・団体組手 優勝など
文武両道を目指しています。クラブでは全国優勝を、学業では国公立大学合格を目標にしています。毎日授業が多く忙しいですが、いつでも一生懸命、お互いの意識を高めあえるように日々の練習に集中しています。ぜひ私たちと一緒に大きな目標を達成しましょう。

川西 空(特進2年) 大阪狭山市立第三中学校出身
 ○第31回近畿高校大会 男子団体組手 第3位
 ○H23年度大阪府高校春季大会 男子団体組手 第3位など
クラブ活動と学業の両立は難しいですが、限られた時間の中で試合に「勝つ」ための練習を積んでいます。クラブ活動で学んだ礼節を日々の生活でもいかしています。


空手 ブログランキングへ





by osk_gg | 2012-01-27 12:13 | トピックス

大阪学芸高校空手道部 全国選抜大会出場決定

大阪学芸高校 空手道応援ブログ

こんにちは!『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』です。
『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』は、地元高校・大阪学芸高校を応援しながら更新していきますので宜しくお願いします。

今回は先日行われた近畿高校空手道大会での大阪学芸高校空手道部の活躍を紹介していきたいと思います。


空手道部 全国選抜大会出場決定!! 形は男女ともV ~近畿高校大会~

大会:第31回近畿高等学校空手道大会(兼 第31回全国高等学校空手道選抜大会近畿地区予選)
期日:平成24年1月21日(土)・22日(日)
会場:奈良県立橿原公苑第1体育館

 来る3月に岡山県で行われる全国選抜大会の予選を兼ねたこの大会で、形競技では団体男女で優勝、個人は男子が優勝と第3位、女子も第3位に入賞。組手競技では男女団体組手で第3位、女子個人でも第3位に入賞。この結果により合計7種目で第31回全国高等学校空手道選抜大会への出場権を得た。
 形競技では、男子個人形で久保弘樹が高校日本代表選手にふさわしい戦いぶりで優勝。中尾拓実(2年)は準決勝で久保に敗れたものの堂々たる第3位入賞となった。また女子個人形では大阪府新人大会を制した増尾美菜が1年生ながら強豪を次々に退け、第3位に入賞した。団体形では男女とも、ライバル校を相手に得意のスーパーリンペイで圧倒し見事にアベックVを果たした。 
 組手競技では、女子個人組手で、小泉咲蘭(2年)が対戦相手に全国推薦選手も含むという厳しい組み合わせの中を、2回戦から5回戦まで相手にほとんどポイントを与えず勝ち進む、準決勝では惜しくも敗れたものの第3位となり、全国選抜大会への出場権を獲得。全国の舞台での雪辱を期している。
 女子団体組手は準々決勝で強豪校との対戦。副将戦を終え予想通り2勝2敗の接戦となったが、ここで大将の梶原かおり(2年)が、先制されるもあわてず前足の上段蹴りで1本(3ポイント)を取り逆転。焦って攻撃してくる相手に次々とカウンターを決め劇的な勝利。好敵手とのカチンコ対決を制し見事に全国切符を手にした。その直後の準決勝では優勝校に敗れたが、厳しい戦いの中で選手一人ひとりが大きく成長。全国の舞台での飛躍が期待される。
 男子団体組手は序盤から好調で攻撃が冴えた。準々決勝では全国優勝の常連校が相手。苦戦が予想されたが、先鋒戦を僅差で落とした後、山本拳生(2年)、出口将輝(1年)、森 新太(2年)が3連勝して勝利。男子の組手ではなんと5年ぶりの全国出場となり、学芸男子組手の復活を印象付けた。
 この全国高校選抜大会は昨年震災により直前で中止となり、涙を流した大会。毎日普通に学校生活を送れ、こうして出場権を獲得すべく好きな空手を毎日できることに感謝する気持ちを忘れず、また昨年この大会の中止で同じように涙を流した仲間の分まで、1年間の思いを思う存分ぶつけて大暴れしてほしいと思います。


男子団体形 優勝 (久保・中尾・宮本)
2回戦 大阪学芸○5-0●兵庫県立鳴尾(兵庫)
3回戦 大阪学芸○5-0●立命館(京都)
準決勝 大阪学芸○5-0●奈良県立香芝(奈良)
決勝  大阪学芸○7-0●浪速(大阪)

女子団体形  優勝 (山下・藤田・関本・増尾)                      
2回戦 大阪学芸○5-0●兵庫県立東灘(兵庫)
3回戦 大阪学芸○5-0●大阪産業大学付属(大阪)
準決勝 大阪学芸○5-0●城南学園(大阪)
決勝  大阪学芸○6-1●東大阪大学敬愛(大阪)

男子団体組手  第3位 (山本拳・川西・森・白河・出口・宇山)
1回戦 大阪学芸○5-0●兵庫県立小野(兵庫)
2回戦 大阪学芸○5-0●滋賀県立守山(滋賀)
3回戦 大阪学芸○3-2●京都外大西(京都)
準決勝 大阪学芸●1-3○東大阪大学柏原(大阪)

女子団体組手 第3位 (小泉・北田・梶原・阿部・松井)
2回戦 大阪学芸○3-1●城南学園(大阪)
3回戦 大阪学芸○3-2●神戸龍谷(兵庫)
準決勝 大阪学芸●1-3華頂女子(京都)

男子個人形   優勝  久保弘樹(2年)
男子個人形   第3位 中尾拓実(2年)
女子個人組手 第3位 小泉咲蘭(2年)
女子個人形   第3位 増尾美菜(1年)                                                         大阪学芸高校HPより


空手 ブログランキングへ





 
by osk_gg | 2012-01-25 12:52 | 近畿大会

大阪学芸高校の空手部の気迫

大阪学芸高校 空手道応援ブログ

こんにちは!『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』です。
『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』は、地元高校・大阪学芸高校を応援しながら更新していきますので宜しくお願いします。

今回は大阪学芸高校の過去の記録を見て行きたいと思います。


平成21年度
●第33回大阪府高等学校空手道春季大会【6/6・7】

 女子団体形 準優勝 / 男子団体形 準優勝

 女子団体組手 準優勝/ 男子団体組手 2回戦敗退

 女子個人形 柏岡さん(3年)準優勝 / 佐伯さん(2年)第3位 

 男子個人形 片山くん(3年)第5位  / 樋口くん(2年)第5位

 女子個人組手 竹本さん(2年)第5位 / 柏岡さん(3年)第5位

ホームページに掲載されている部員のみなさんの
写真も気迫が満ち溢れています。

それでは、本日の更新はこの辺で!
by osk_gg | 2012-01-20 15:22 | 春季大会

学芸空手メモリアル ~卒業生の活躍~

大阪学芸高校 空手道応援ブログ

こんにちは!「大阪学芸高校 空手道応援ブログ」管理人です。

今日も大阪学芸高校を応援しながら記事を書いて行きたいと思います。

よろしくお願いします!


大阪学芸高校空手道部 卒業生の活躍

大阪学芸高校空手道部の卒業生で、大学や実業団に進んでからも空手道を続け、活躍している人がたくさんいるそうです。


酒居 芙美さん(H17年度卒)

 高校時代は、全国選抜大会女子団体形で優勝、国民体育大会では個人形でも優勝されました。
 高校卒業後は同志社大学に進み学連の大会でも上位入賞を果たされています。
 大学卒業後は実業団の名門グロウバルに所属して活躍、団体形、個人形で全日本ナショナルチームに選ばれ、2010年にはセルビアで行われた第20回世界空手選手権大会に日本代表として、同じ同志社大学の先輩である井上和代さん、木村陽子さんとともに出場し見事に優勝し、世界一の栄冠を手にされました。






柏岡 鈴香さん(H21年度卒)

 高校時代は、全国選抜大会女子団体形で準優勝、インターハイでは個人形で第3位に入賞されました。
 また組手も得意で上位にたびたび入賞しておられたようです。
 高校卒業後は酒居さんと同じ同志社大学に進み、現在2年生として在学中です。
 今年度は初めて全日本ナショナルチーム女子団体形に選ばれ、木村陽子さん(同志社大卒)、森岡実久さん(関西学院大学在)とチームを組み、2011年7月に中国で行われた第10回アジアシニア空手道選手権大会に出場し優勝されました。
 現在は2012年にパリで行われる世界大会への出場、優勝を目指して猛練習中だそうです。


2010年の全日本実業団空手道選手権大会で、
 団体組手  優勝 長尾 臣祐さん (H12年卒) 警視庁 
 男子個人形 優勝 玉城 達也さん (H16年卒) グロウバル
 女子個人形 優勝 酒居 芙美さん (H15年卒) グロウバル
がトリプル優勝を飾るなど、たくさんの卒業生が活躍しているそうです。

 現役の生徒さんの励みにもなることでしょうね。


空手 ブログランキングへ






   
 
by osk_gg | 2012-01-18 16:06 | メモリアル
line

大阪学芸高等学校・附属中学校 空手道部の応援ブログ


by osk_gg
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite