大阪学芸 空手道応援ブログ

krtd.exblog.jp ブログトップ

形競技におけるルールの改定について

大阪学芸高校 空手道応援ブログ

こんにちは!『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』です。
『大阪学芸高校 空手道応援ブログ』は、地元・大阪学芸高校を応援しながら更新していきますので宜しくお願いします。

e0238098_14371154.jpg

全国高等学校体育連盟空手道専門部では以下のように形競技のルールが改定されました。全国高体連のホームページにも掲載されるとのことですが、紹介しておきます。

1.全国選抜大会団体形決勝戦において、「形の分解」を導入する。ただし選手の安全面を考慮し形の分解では
  ルール上の反則行為以外に、以下の行為を禁止事項とする。

 【禁止事項】
  ①首に蟹挟みをかける行為
  ②相手を自分の肩より上に持ち上げる行為
  ③相手を投げ捨てる行為(相手を片手で支えること)

 【ルール上の反則行為】 
  ①分解中に怪我があった場合は減点となる。ノックダウンした場合は反則となる。
  ②審判妨害、安全性のために審判が動かざるを得なかった場合、又は接触した場合。
  ③分解を演武しなかった場合。
  ④時間をオーバーした場合(形演武、分解合わせて6分以内と決められている)
  ⑤演武中に帯が落ちた場合。
  ⑥あきらかに技が中断、又は停止した場合。
  ⑦形演武の開始の礼、分解終了の礼をしなかった場合。(礼は3名全員すること)
   また、チーム全員が主審の方を向いて演武を開始し終了すること。
  ⑧主審の指示に従わなかった場合、品行が悪かった場合。
  ⑨異なる形を演武した場合、又は異なる形名を告げた場合。

 【減点要素】
  ①演武中に帯が緩んで、尻まで下がった場合。
  ②むやみに足をならしたり、胸や腕又は空手着を叩いたり、むやみに息を吐き出すなどの聞こえるような音
   で合図した場合。


2.個人形において

  全国選抜大会では従来通り1・2回戦は第1指定形(繰り返し使用可)、3・4回戦については第2指定形
 (繰り返し使用可)とし、5回戦以降については以下のようにする。
  5回戦(準決勝) それ以前に使用していない形
  6回戦(決勝戦) それ以前に使用していない形

  インターハイでは従来通り1・2回戦は第1指定形(繰り返し使用可)、3・4回戦については第2指定形
 (繰り返し使用可)とし、5回戦以降については以下のようにする。
  5回戦、6回戦(準決勝) それ以前に使用していない形で繰り返し使用可
  7回戦(決勝戦)     それ以前に使用していない形


3.上記2ならびに3について、平成28年度全国選抜大会(大分大会)より実施する。


わかりやすくまとめると、大きな変更点は2つで、団体形は決勝で分解が導入されるということ。また個人形では必要な形の数が、従来の3つから4つに増えたということです。いずれも来年3月の大分センバツからということなので、今からそのつもりで準備していかねばならないですね。


このブログを応援してくださる方は
下の「ブログランキング」をクリックして下さい。
1日1回有効です。

by osk_gg | 2016-04-17 00:03 | センバツ
line

大阪学芸高等学校・附属中学校 空手道部の応援ブログ


by osk_gg
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite